エレグアが守護霊の人の
12月の運勢
 守護霊・エレグアとともに過ごしてきたこの1年はどんな年でしたか?
 エレグアというのは「子ども」と「老人」が同居したような存在です。あなたも自分のなかの「子ども」と「老人」を感じることができてきたのではないでしょうか。

 さて「子ども」といえば、今月のあなたの運勢には「手に負えない子どもたちは他人によって直してもらえ」という格言が出ています。
 日本でいえば「かわいい子には旅をさせよ」ということですが、これはじつは大人にも通用する考え方なんですね。旅に出ることで「故郷の良さ」や、「家族のありがたさ」を実感した、という経験は誰にでもあることだと思います。
 じつは今月は、なにか大切なものを失う危険性があるのですが、もしかしたら、そんなことともなにか関係があるのかもしれません。

 1年の最後にしめっぽい話で終わるのも申し訳ないので、景気のいい話をひとつ。
 年末に入ってから、いくつかの不運があなたを見舞いますが、「謙虚さ」「誠実さ」を忘れなければ、平和をつかさどる精霊・オバタラのサポートにより、逆風が順風に変わります。
 そして、年末から年始にかけて、あなたにはビッグ・サプライズが待っています!

今月のおつとめ
逆風を順風に変えるために、オバタラの象徴である「白」を身にまとうこと。

戻る