オバタラが守護霊の人の
10月の運勢
 あっという間に一年の4分の3の時間が過ぎ、今年もあと残すところ3ヶ月となってしまいましたが、気候もよく、秋空の広がる気持ちのよい季節です。

 さて、平和をつかさどる人類の父・オバタラを守護霊に持つあなたの今月の運勢はどうでしょうか。
 占いの神・オルーラによれば、とてもよい幸運のエネルギーがやってくるようです。とりわけ、お金にまつわる運気が高まるようです。投資や株、商売繁盛からギャンブルなどの予期せぬ収入まで…。噓みたいにお金が舞い込んできます。そうした金運をサポートしてくれるのは、オバタラの息子の一人、太鼓をつかさどるチャンゴーです。まったくもって孝行息子ですね。
 チャンゴーの色である「赤と白」を身につけることで、そのエネルギーを身近に引きつけてください。それから、6日間、お供え(オクラや果物)をし、感謝の気持ちをあらわしましょう。さらに、家の玄関(入口)を掃除し、花を飾るとよいでしょう。

 それと今月、オルーラがあなたの幸運をサポートするために告げているメッセージは次の3つです。

 ひとつめは、「誰もが尊敬に値するのだ」。あなたはたしかに人類の父・オバタラの子として、誰からも尊敬を集めるような立派な人格者です。でも、だからといって、あなた以外の誰もが尊敬に値しないというわけではありません。他者から尊敬される人ほど、他者への敬意を忘れないものだということです。

 次に、「アルコールを控えること」。オルーラは思い出させてくれるのです。かつてオバタラがお酒で大失敗したことを。それ以来、オバタラは酒を断ちました。オバタラを守護オリチャとするあなたにとっても、お酒はタブーです。くれぐれも度を越して飲まないよう気をつけてください。

 そして最後は、「ゆるい唇は船を沈める」。日本語でも「口は災いのもと」と言いますが、ペラペラといらぬことを喋っていると幸運が逃げていきます。

 今月は、軽薄こそが大敵。少々しかつめらしいくらいがちょうどいいのかもしれませんね。

戻る