オグンが守護霊の人の
10月の運勢
 今月の運勢には、「それぞれのワインは、神が命じたことをするために」という格言が出ています。
 白ワインには白ワインの、赤ワインには赤ワインの特性がある。ごくあたりまえのことですが、「ワイン」を「人間」に置き換えて考えるとどうでしょう?
 そう、人間にはそれぞれ神から与えられた「運命」があるということです。

 とはいえ、人間には、あらかじめ自分の運命を知ることはできません。できるのは、占いの神・オルーラだけです。だからこそ、わたしたちはオルーラの言葉に耳をすます必要があるのです。
 オルーラはあなたにこう告げています。
「泥の中を歩いても白鳥は泥まみれにならない」と。
 なりふりかまわず仕事に「専心」できれば、あなたは大きな成果を上げることができるでしょう。逆に、「泥」すなわち「困難な状況」や「リスク」を回避していれば平凡な結果しか出ません。
「迷ったら、その道を行け」ということです。

 有能な仕事師であるオグンを守護霊にもつあなたです。たとえ、その道で一度失敗しても、それは大きな成功につながるステップになるでしょう。
 そして、今月は「仕事」でも「恋愛」でも、人類の父親的存在であるオバタラのサポートがあるということも、忘れないでおいてください。

今月のおつとめ
オバタラのサポートに感謝して、白ワイン、白い服、白い花など、彼のシンボルカラーである「白」を身近に置くこと。

戻る