オグンが守護神の人の
11月の運勢
「因果は巡る小車の」なんて言葉がありますが、今月のあなたは、他人を傷つけるような言動が、まわりまわって自分に跳ね返ってきてしまいそうです。くれぐれも感情にまかせた行動は自重しましょう。

 また一方で、「奴隷は死んで自由になる」という言い方もありますね。これは「奴隷」は生きている限り自由になれないという意味ですが、じつは私たちだって、多かれ少なかれ、なにかの「奴隷」になっているものです。
 たとえ経済的に自由であっても、そして、周囲との人間関係から自由であったとしても、少なくとも「自分自身の奴隷」であることは誰にも否めないでしょう。言い換えるなら、私たちは自分のなかにある「煩悩や欲望」に支配されつづけていくものなのです。そこから解放されるのは「聖人」だけで、「凡人」である私たちにはどうすることもできません。

 欲望を満たそうとすれば、その分、自由は遠ざかり、愛情に執着すれば、苦しみからは解放されません。結局のところ、「足るを知る」ということは、人間にとって永遠のテーマなのでしょう。俗世の煩悩に嫌気がさし、ひとりで森の奥にこもったオグンは、きっとそのことをよく知っていたに違いありません。

今月の予言
オグンや死者の霊に花を捧げること。

戻る