オチョシが守護神の人の
4月の運勢
 春になり、オチョシは身も軽くなり、野山に狩りに出かけられるようになります。生活のリズムも安定し、獲物もコンスタントにとれています。まさに何不自由ない毎日となるでしょう。
 キューバにはヤギにまつわる2つのことわざがあります。ひとつは「野生のヤギが生きているとき、その皮は太鼓に使えない。死んだら、誰もその皮を太鼓に使うのをためらわない」というもの。そしてもうひとつは「太鼓の皮を壊すヤギ、自分の皮で支払う」というもの。このふたつから導かれる教訓は「自業自得」ということでしょうか。
 なにが言いたいかというと、調子のよいときに、その調子に乗りすぎると失敗しやすいものだということです。勝負ごとでは、拮抗する実力の持ち主の勝敗を分けるのは、たいていそうした自滅です。ですから、今月のあなたのように絶好調のときほど、慎重さが求められるのです。
 体調の管理もそのひとつ。この時期はせっかくの好調を損なわないためにも、ちょっとした体の不調でも、早めに病院で診てもらったほうが賢明です。
そして、身近な女性も要注意と出ています…。

今月の予言
身を守るために、白い帽子やスカーフで頭部をおおうこと。

戻る