オチョシが守護神の人の
12月の運勢
 これまで1年間、オチョシとともに過ごしてきたわけですが、感想はいかがでしょうか。
 振り返ってみて、いい獲物が取れたでしょうか。それとも、まだ足りないとお思いでしょうか。
 占いの神・オルーラには「運びきれない荷を積まれたロバ、歩くことを拒む」言葉がありますが、あれこれよくばりすぎると、前には進めなくなってしまいます。
 その意味では、今年1年の狩猟の成果がじゅうぶんだったのか、それとも、まだまだ足りなかったのかは、あなた自身がいちばんよくわかっていることと思います。

 来年の今ごろに「今年は過不足ない結果を得た」と感じるためには、今のうちから希望することに優先順位をつけておくといいでしょう。なんでもかんでもやり遂げようと欲張ると、おそらくすべてに失敗します。オチョシの狩りになぞらえるなら「二兎を追う者は一兎をも得ず」ということです。

 この時期は、これまでの人間関係に少し動揺が見られます。基本的には家族を大切にすることで乗り切れますが、その他の人間関係については見直しを迫られるかもしれません。いずれにせよ、来年の狩りに向けて、さまざまな整理をする時期になりそうです。

今月の予言
薬草入りの入浴剤でリラックスするとよい。

戻る