オチョシが守護霊の人の
12月の運勢
 オチョシと過ごしてきたこの1年ももうすぐ終わろうとしています。オチョシを身近に感じることができたでしょうか。
 以前よりも「孤独」を好むようになったのであれば、それは孤高の狩人オチョシの特性が身についてきたのでしょう。

 さて今月は、そうしたオチョシの「狩人」としての自覚をとくに強く持ってほしい、と占いの神・オルーラは告げています。
 まず「気まぐれ」な行動はつつしむこと。狩りの相手には、獲物だけでなく、天候や自然など、自分にはコントロールできないものも含まれます。気まぐれに翻弄されていたら、狩りどころではありませんね。仕事や恋愛で成果をあげたければ、感情や衝動に任せた行動はご法度です。
 イレギュラーな行動もいけません。そして、いちど始めたことは最後までやり通すこと。優秀な狩人は、たとえ失敗しても、必ずそこから「明日への糧」を得られるものです。
 それと、自分を必要以上に飾り立てないこと。自然と対峙する狩人にとって、「見栄」や「虚栄心」は百害あって一利なしです。

 街が華やぐ季節ではありますが、パーティーなどでも「しばらく香水はつけない方がいい」とオルーラは告げています。
 なぜって? だってそんな匂いがしていたら、せっかくの獲物がみんな逃げていってしまいますからね。

今月のおつとめ
トイレをきれいに掃除して、きれいな花を飾ること。

戻る