オチョシが守護霊の人の
1月の運勢
 1年の始まりは、いつも気の引き締まるものです。コロナに振りまわされたこの2年間でしたが、今後はどうなってゆくのか。どのオリチャを守護霊に持つ人も、自分から今年はどういう年になってほしいのか考え、願うことから始めてみませんか。

 さて、「狩猟」をつかさどるオチョシを守護オリチャとするあなたの今年1年はどうでしょうか。
 大雑把に言うと、よい運気と悪い運気が交互にやってきます。よい運気のときに攻めに出て、悪い運気のときには我慢して守りに入る。そうしてメリハリの効いた人生を楽しみながら歩んでください。新しい計画や転職、結婚などは、よい運気のときに決断し実行に移すことです。

 それでは今月の運勢はどうなるでしょうか。
 占いの神・オルーラによれば、よい運気がやってきます。年明け早々に「大吉」です。日本風にいうならば、「家内安全・商売繁盛」の幸運に恵まれます。狩猟家オチョシになぞらえれば、大きな獲物が手に入るということでしょうか。あなたの念願が実現します。
 そうしたよい運気をもたらしてくれるオリチャがオチョシのほかに、もうひとりいます。オチョシの兄弟のひとりオグンです。実直で仕事師のオグンに特別のお供えはいりませんが、「勝負」のときはオグンの「緑と黒」を身にまとってください。その色はパワーカラー(パワーストーンと同じ)となって、あなたに目に見えない力をもたらしてくれるはずです。

 さらにオルーラは、そんなよい運勢を逃さないために、3つのメッセージを示してくれました。
1.「家族の結束をしっかり」→まずは身近なところから守りを固める。
2. 余計なお喋りは慎(つつし)むこと」
3.「火に注意、火傷(やけど)にも」

 いくらよい運気に恵まれるといっても、自ら間違った方向に舵をとれば、せっかくの運気が下がってきてしまいます。
 きまじめな狩猟家気質を持つオチョシと同様、あなたは人の言葉に惑わされることなく、自分を信じてこのよい運気を手離さないように心がけてください。そうすれば、年の初めから、いいことが待っています。

戻る