オチュンが守護霊の人の
6月の運勢
 鬱陶しい梅雨に入り、足元がぬかるむことも多くなりましたが、占いの神・オルーラはあなたにこう告げています。
「道路の穴ぼこはダテに口を開けてはいない」と。
 このメッセージを文字どおりに受け取るなら、ボンヤリしていると、穴に足を取られて大ケガをするから気をつけなさい、ということでしょうか。道路に開いた穴ぼこに限らず、階段の段差でも同じです。踏みはずすと、ひどければ脚を骨折してしまうこともあるので気をつけてください。

 さてそれでは、このメッセージを比喩的に解釈してみましょう。
 その場合、「穴ぼこ」というのはお金にまつわる「おいしい話」を指し示しています。スマホやパソコンを用いた「ネット詐欺」や電話による詐欺など。現代社会では、いたるところに「穴ぼこ」が口を開けて、あなたがつまずくのを待ち伏せしているのです。
 そうそうスマホといえば、あまりスマホの画面ばかりを眺めていると、せっかくのオチュンの「笑顔」が「しかめ面」になってしまいます。
 素敵な「笑顔」を絶やさないためにも、ときにはスマホを手ばなす時間をつくってみてくださいね。
 それと、なにか新しいことをはじめるなら日曜日がうってつけです。今月は、日曜日が幸運を呼び込みますから。

今月のおつとめ
オチュンに感謝の気持ちを込めて「黄色」の花をお供えすること。また、外出の装いにも「黄色」を取り入れること。

戻る