イェマヤーが守護霊の人の
10月の運勢
 あっという間に一年の4分の3の時間が過ぎ、今年もあと残すところ3ヶ月となってしまいましたが、気候もよく、秋空の広がる気持ちのよい季節です。

 さて、愛情深い海の女神・イェマヤーを守護霊に持つあなたの今月の運勢はどうでしょうか。
 占いの神・オルーラによれば、今月は要注意とのことです。
 特に、お金にまつわることでトラブルが発生しやすいようです。それを防ぐには、あらかじめトラブルになりそうな「種」を断っておくことですが、もしその「種」に心当たりがないのであれば、あなたの守護オリチャであるイェマヤーの力を借りましょう。特にお供えは必要ありませんが、イェマヤーの色である「青と白」を絶えず身につけてください。そうすれば、下がっていた金運が徐々に回復し、それにつれて、他の運勢も上昇してくるでしょう。

 さらに、お金のトラブルを振り払い、逆に幸運を呼び込むために、オルーラが贈ってくれたメッセージは次の3つです。

 ひとつめは、「大事なものを怪しい人に預けないように」。これは金運にダイレクトにつながる言葉ですが、愛情深きイェマヤーを守護オリチャに持つあなたには少々むずかしいことかもしれませんね。でも、この時期だけは、その深い愛情を封印することが大切です。ちなみに「怪しい人」には信頼を寄せている友人も含まれますので、くれぐれもお気をつけを。

 次は、「朝食の前に、お菓子を食べないように」。朝食を美味しく食べるコツは、何よりもお腹を空かせておくこと。楽しみの前には我慢することも覚えましょう。

 そして最後は、「黒色の服は悪運を呼び寄せるので避けること」。今月は「青と白」が幸運の色で、「黒」は悪運の色と心得てください。

 海の女神であるイェマヤーは、文字通り海のように深い愛情を持つ反面、一度、怒りに火がつくと、荒れ狂う海のように手がつけられなくなるという面も持ち合わせています。
 ぜひ今月は、親しい人の裏切りを避け、目の前のささやかな喜びを大切にする。そんな「凪」のような1カ月を過ごせますように。

戻る