イェマヤーが守護霊の人の
10月の運勢
 今月、占いの神・オルーラは、次のように告げています。「人はあなたを二つの顔で見ている」と。
 たとえ人から耳ざわりのよいことをいわれても、それがその人の本心かどうかわからない、ということです。

「二枚舌」という言葉がありますが、人というのは誰しも「二枚舌」を使ってしまうものです。表で褒めて、陰でけなす。今月、あなたはそんな「二枚舌」にうっかり騙されないよう気をつけなくてはなりません。
 愛情深いイェマヤーのことですから、人のそんな悪意を信じたくないかもしれませんが、そこは「頭」を使うように、とオルーラは告げているのです。

 また、今月の運勢にはこんなエピソードも出てきます。
 エチュという精霊(子どもに変身したエレグア)を騙そうとする大人たちの話です。
 見知らぬ土地にやってきた三人の大人が、エチュに宿屋のありかを尋ねます。エチュは食事をご馳走してもらうという約束で、道案内をしてあげたのですが、宿に着いた大人たちは、陰で宿の主人に、子どもの分の食事は出さなくてもいいというのです。それを知ったエチュは知恵をめぐらし、三人分の食事をたいらげてしまう、というものです。
 世のなかというのは「罠」の仕掛けあいです。「罠」にご用心を!

今月のおつとめ
イェマヤーの美貌が崩れないよう、オーガニックな化粧品を使って肌の手入れをすること。

戻る