猿江商會_小辞譚
東京・深川のひとり出版社です。


詩人、小説家、女優、落語家、写真家、批評家……
異なる10の才能が描く辞書と言葉と想いの小さな物語。
小辞譚
~辞書をめぐる10の掌編小説~
加藤ジャンプ、木村衣有子、小林紀晴、小林恭二、澤西祐典、
三遊亭白鳥、中川大地、藤谷文子、藤谷治、文月悠光〔著〕
どこの家庭にでも一冊はあるような、なんの変哲もない辞書を題材とした掌編小説集。膨大な言葉の集積である辞書が織りなすさまざまな物語からは、積み重なった言葉と時間の重さと切なさがストレートに伝わってくるはず。'15年に休刊した豪華すぎるPR誌「辞書のほん」で発表された9つの作品に書き下ろし作品を加えた1冊です。
定価1,600円+税
四六変型判・上製・176ページ / ISBN978-4-908260-07-0 C0093
[ 収録作品一覧(収録順) ]
■文月悠光「制服の神さま」
■澤西祐典「辞書に描かれたもの」
■小林恭二「或る騒動」
■中川大地「レキシカントは言霊生命の夢を見るか?」
■三遊亭白鳥「無頼漢、直治伝。」
■藤谷文子「引っ越し前」
■木村衣有子「やきとりらしさ」
■加藤ジャンプ「辞書ラブ」
■小林紀晴「触れる」
■藤谷 治「祖父のルーペ」